賃貸探しの注意点!失敗しない部屋選び

後悔しないために、ポイントをおさえた部屋選びをしましょう。

このサイトでは、賃貸を選ぶときにどのようなことに注意したらよいか、という 注意点について紹介しています。
賃貸選びで失敗しないために覚えておくべき最初の注意点は、どんな部屋に住みたいのか、具体的なイメージを明確にしておくことです。
アパートやマンションを探すときは、家賃が自分の収入に見合った適切なものであることはもちろんですが、通勤や通学に便利な場所にあるかどうか、部屋の間取りや広さはどの程度のものがよいか、といったことも考えながら探すようにしましょう。

賃貸のアパートやマンションなどを探すための2つめの注意点は、インターネットの不動産会社の情報だけで借りる物件を決めようとしないことです。
不動産会社の公式サイトに掲載されている貸しマンションやアパートなどの物件の写真は、実際よりも部屋か広く見えるように撮影されていたり、見栄えがよくなるように撮影されていることが多いです。
このような不動産会社の撮影テクニックにだまされないようにするためには、実際に部屋を見に行って自分の目で確かめるのが一番です。

自分に合った賃貸を探すための三つ目の注意点として挙げられるのは、建物や部屋そのものだけでなく、下水道のことやインターネットの環境のことも考慮することです。
下水道は地方によってはまだ完全に普及していないところもあり、また、その料金も地方自治体によってまちまちで、別の物件に引っ越した途端に水道料金が高く感じられることも少なくありません。
最近はインターネットが完備されているマンションやアパートも多いですが、引っ越す前にプロバイダ契約をしている場合は、解約した場合に違約金が生じる場合もありますので注意しましょう。

少しでも安く賃貸を借りたいという人が覚えておくべき注意点は、貸し出す物件の中にも狙い目のものがあることに注目することです。
このような人には、古い建物を大幅に改修したリノベーション物件や、1か月間家賃が無料で借りられるフリーレントなどがおすすめです。
騒音など、生活に関わる様々なことが気になるという人が覚えておくと役に立つ賃貸選びの注意点は、昼間だけでなく、夕方や夜にも物件の下見をしてみるということです。
こういった時間帯に下見をしますと、昼間見ただけではわからなかった隣の部屋の騒音の様子がはっきりとわかるようになります。

なるべくトラブルに巻き込まれたくないという人が覚えておくとよい賃貸選びの注意点は、誰が管理しているのかわからないようなあやしい物件は選ばないようにすることです。